上市町ではたらく

里山の暮らしを身近に

メデルケ(Mederche)

上市町雇用創造協議会が平成25年度に開催した「加工特産品開発実践セミナー」から生まれた任意団体。セミナーの受講生で組織する「市姫かよう会」を立ち上げ、さらにその中から事業として実践する団体「メデルケ」を作って今年活動をスタートさせた。上市産のワラビやズイキを使ったドレッシングの販売や、里山の暮らしを体験する山菜採りツアーなどを実施している。代表の井原真吾さんは、耕作放棄地で材料となる農産物の栽培をすることなどを通して、上市町の活性化に一役買いたいと話す。

代表 井原真吾さん(35)

代表 井原真吾さん(35)

セミナーから生まれた組織

ドレッシング製造の様子

ドレッシング製造の様子

古野「『メデルケ』ができた経緯を教えてもらえますか?」
井原さん「元々は、カミールにある上市町雇用創造協議会さんが平成25年度に開催した『加工特産品開発実践セミナー(全10回)』の受講生が、終了後も定期的に集まって商品開発や勉強会を行おうと『市姫かよう会』というのを作ったんです。受講生20人のうち18人が入会しました。研修で学んだことのブラッシュアップのため、週1ペースで集まり、情報交換をしたり持ち寄ったアイデアをもとにドレッシングの試作をしたりしていたんです。」
古野「すごい結束ですね。そこから、なぜ『メデルケ』を組織されたんですか。」

イベントでもブースを設けて販売

イベントでもブースを設けて販売

井原さん「実はブラッシュアップするだけでは段々集まりが悪くなってきて、『商品化したらいいんじゃないか』という声が出たんです。それでまず、役員を4人決めて団体の方向性や収益について話し合い、原価計算やビジネスの知識を上市町雇用創造協議会さんから教えてもらいました。1口3万円で出資金を募り、10人で『メデルケ』を組織することになったんですが、僕が中心となって仕切っていたのでいつの間にか代表になることに…。」
古野「井原さん、メンバーの中でも若い方ですよね。」
井原さん「そうです、10人の中で僕が1番若いんですが、勉強も兼ねて代表をやってます。」
古野「そうなんですか~。井原さんは普段はどんな仕事をされてるんですか?」
井原さん「自営業で、夏は農業、冬はスキーやスノーボードのメンテナンスやレッスン、本業の合間にツアーガイドをしています。」

ドレッシング販売で里山再生

「メデルケ」には様々な意味がある

「メデルケ」には様々な意味がある

古野「『メデルケ』の名前の由来を教えてもらえますか?」
井原さん「富山弁で『芽、出るけ?』(芽が出ますか?)と「愛でるけ?」(愛でましょうか?)を、英語とかフランス語っぽく『mederche(メデルケ)』にしました。上市町には医薬品関係の企業や売薬さんが多いことから、英語で薬を意味する『medicine(メディスン)』もからめて『体に良いもの=薬膳』と考え、森の恵みや郷土料理を現代の食生活にアレンジし、ドレッシングという形で提案しています。

zuiki(左)とwarabi(右)ドレッシング

zuiki(左)とwarabi(右)ドレッシング

里山の薬膳を取り入れた暮らしや古いものを取り入れた暮らしから、未来へのヒントになるものがあればいい。上市町種に来てもらうことで何かヒラメキがあればすごく嬉しいです。だから、『里山』『薬』『農産物』というキーワードをつなげて商品開発しています。」
古野「メデルケってそういう思いを込めてつけられた名前だったんですね。では、ドレッシングについて教えてください。」
井原さん「『八ツ頭(ヤツガシラ)』というサトイモの茎を使い、薬膳料理としても食べられている『酢ずいき』を家庭でも愉しんで頂きたいと開発した

ホタルイカにも相性抜群なwarabiドレッシング

ホタルイカにも相性抜群なwarabiドレッシング

『zuikiドレッシング』と、春の楽しみ・山菜採りでよくお目見えするけれど、アク抜きなどの手間がかかるワラビを気軽に味わって頂きたいと開発したみそ風味の『warabiドレッシング』の2種類があり、どちらも税込700円です。『zuikiドレッシング』は、鮮やかなピンク色と酸味が印象的なパンチの効いたドレッシングです。食感を残してカットされたずいきがたくさん入っているので、ドレッシングやソースにお使い頂けます。もちろん着色料などは使っていません。『warabiドレッシング』は、富山の春の味覚・ホタルイカにも相性抜群で、『酢みそ和え』から『豆腐』『イタリアン』までいろんな料理に合うまろやかな味です。わらびがゴロっと入っていますので、ソースとしてかけるだけで粋な一品料理が作れます。」

warabiドレッシングにはわらびがたっぷり

warabiドレッシングにはわらびがたっぷり

古野「私も食べたことがあるんですが、ほかにはない独特な味で美味しいですよね。どうやって作られているんですか?」
井原さん「ドレッシングの製造はメンバー3人で行っています。できるだけ上市産の材料を使い、保存料や余計なものは入れていません。特に、主となる山菜は上市の天然採取のものです。ほかの材料も、しょうゆは飯田醤油株式会社さんの『霊水入醤油 あなん谷』、みそは『日本海みそ』、酒は『白萩』、ショウガや長ネギ、玉ネギは上市産が中心で、砂糖はきび砂糖、油は米油を使っています。」
古野「できるだけ上市のもので、厳選された材料を使われているんですね。」

放棄田を耕して畑を作るメンバー

放棄田を耕して畑を作るメンバー

井原さん「はい。今年は天然の山菜を使いましたが、今後安定して収穫することを考えて、放棄田や荒廃した農地を耕して畑にし、ワラビやズイキを植えました。自然栽培します。本物の材料で作ったドレッシングを味わってもらうことで、『味覚の体験』をしてもらう。このドレッシングを名刺代わりに販売・宣伝することで、県外から大勢の人がツアーや移住をしに来てくれるようになれば嬉しいです。メデルケは食品業者ではなく、そういう思いでやっているんです。そのためには、僕自身がネイティブの里山ライフスタイルを実践し、発信していかないと。」
古野「そうなんですね。販売はどのようにされているんですか?」

カミールのスーパーなどで販売され、人気

カミールのスーパーなどで販売され、人気

井原さん「4月17日から、カミールのスーパーさんやつるぎの味蔵さんで販売を始めました。立山町のサンダーバードさんと滑川市のくじら堂さんにも置いてもらっていて、あとはメンバーがイベントや友人・知人に直接手売りもしています。直接顔を見て販売し、『こういう気持ちでやってます』という話もして、思いを伝えてもらえるところに置いてもらっているんです。」
古野「そうなんですね。かなり人気だと聞きましたが、どれくらい売れているんですか?」
井原さん「『warabiドレッシング』は550本、『zuikiドレッシング』は150本売れました。」
古野「10人のメンバーが2か月弱で、すごい販売力ですね。」

贈答用におすすめなギフトBOXも新登場!

贈答用におすすめなギフトBOXも新登場!

井原さん「Facebookで紹介し、新聞社さんも取材に来てくれましたし、メンバーそれぞれの人脈による縁もありました。上市町や町雇用創造協議会さんの協力を得て販売させてもらったのも大きいです。だから、恩返しじゃないですけど、雇用を生むことにも貢献していけたらいいなと思っています。元々、富山が大好きで、お世話になっている上市町を活性化したいという思いがあって。」
古野「いいですね。」

今後の展望

zuikiの原料になる薬膳植物・八ツ頭(サトイモ)

zuikiの原料になる薬膳植物・八ツ頭(サトイモ)

古野「今後の展望を教えてもらえますか?」
井原さん「いま、新商品の試作中です。また、ドレッシングのために植えたズイキは八ツ頭(ヤツガシラ)なので、イモはイモとして売ろうかとも考えています。あと、いまは任意団体ですが、法人化も視野に入れています。今年はドレッシングという名刺配りの年だと思ってやっていて、みんなもそれでやりがいを持ってやってくれている。最初に始めたときって初期投資や設備投資が必要で、広告や宣伝、デザインにも費用はかかるんですよ。今後、みんなに労賃(賃金)を少しずつ支払っていけたらいいなと思っています。」
古野「わかりました。井原さん、今日はありがとうございました。」
井原さん「こちらこそ、ありがとうございました。」

メデルケさんは、上市町雇用創造協議会が開催したセミナーから生まれた団体。私もほかのセミナーをいくつか受けましたが、そこで終わりではなく、受講生で有志の会を作ってその後も繋がっていけるのが素晴らしいことだと思います。メデルケさんのドレッシングは何度も試作が行われ、「剱岳雪のフェスティバル」などで試食&人気投票もされていたので、食べた方も多いのではないでしょうか。身近で新しいプロジェクトが立ち上がり、挑戦される姿を見ているとワクワクします。いまでは住む人が少なくなった中山間地の資源を活用し、耕作放棄地を有効活用するだけでなく、県内外からツアー客を呼ぶ試みも行われていて、これからの上市町の新たな可能性が感じられますね。

●DATA●

団体名 メデルケ(任意団体)
住所 上市町西中町11 カミール1階
電話番号 090-2099-4745(井原さん)
FAX番号 076-472-2838
E-mail info@mederche.com
設立年月日 平成26年1月28日
代表者氏名 井原真吾
事業内容 ・上市町の郷土料理や薬膳、農林産物の食品加工業と販売
・上市町を中心に、里山の暮らしや文化を体験できるツアーやワークショップを企画
・上市町周辺の農作物、天然物、ジビエなどを活用した商品開発
・耕作放棄地や放棄された里山を活用して農産物や林産物を栽培・加工
主な実績 ・上市産の材料を使ったドレッシングの販売
・里山の暮らしを体験する山菜採りツアーの実施
資本金 30万円
勤務時間 9:00~17:00(週1~2日ペースで営業)

休日 不定
ホームページ http://www.mederche.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/mederche?fref=ts
主力製品・商品 ・wasabiドレッシング 700円(税込)
・zuikiドレッシング 700円(税込)

Comments

comments