上市町ではたらく

残業なしの会社で職場も家庭も充実

株式会社 上市清掃公社 吉崎尚喜さん

家庭ごみや産業廃棄物を収集・運搬する会社。制服が「かみいちTシャツ」で統一され、年代を問わず和気あいあいとしたアットホームな職場。残業がほとんどなく、有給も取りやすいため、ワークライフバランスがとれた生活を送れる。業務主任の吉崎尚喜(なおき)さんは「仕事とプライベートを切り替えやすいのがいいですね。社員も仲が良くて楽しいですよ。この会社に来て『仕事に行くのが嫌だな』と思ったことがありません。ごみのことでお困りなら、わが社にお任せください!」と話す。

業務主任 吉崎 尚喜さん(40)

業務主任 吉崎 尚喜さん(40)

 
 

アットホームで楽しい会社

――入社された経緯を教えてもらえますか?
上市町在住で、32歳のときに入社しました。勤続8年目です。その前は千葉県にある親戚のプラスチック製造工場で工場長をしていましたが忙しさのあまり体調を崩してしまい、精神的にも辛かったので、Uターンして地元で就職しました。

株式会社 上市清掃公社

株式会社 上市清掃公社

――社内の雰囲気はいかがですか?
千葉にいたときはそれぞれが個々で働いていてつながりがない感じでしたが、富山では地域の結びつきが強く、職場でも団結力があると思います。上市弁を聞いていると落ち着き、地元だという安心感があります。うちの会社の従業員は、とにかくみんな優しいです。新しい人が入ってきても温かく受け入れ、入った人も自然とそういう色に染まっていくんです。年齢層は以前は50代がメインでしたが、30~40代も増え、みんな頑張っています。今年18歳の子が採用されたのですが、過去に14歳の挑戦で来ていた子でした。年齢差はあっても全然隔たりなく、休憩時間にはみんなで話して笑い合っているようなアットホームな雰囲気です。役職ある上の人達も私たちのやりやすいよう任せてくれていて、温かく見守ってくれています。

お揃いのTシャツを着た社員のみなさん

お揃いのTシャツを着た社員のみなさん

――いい会社ですね。お仕事の内容は?
上市清掃公社では上市町からの委託を受け、一般家庭のごみを始め、企業の事業所から出る一般廃棄物や産業廃棄物の収集・運搬をメインに行っています。私は午前中、担当地区のごみステーションを回って生ごみやプラスチック、不燃物を収集し、午後は上市町、立山町、舟橋村の一般家庭の粗大ごみ等を有料で収集するほか、レンタルしているダストBOXを回収して中間処理しています。
――中間処理とはどうすることですか?
ダストBOXには「リサイクル家電などの入れてはいけないもの」以外は何でも入れていいんです。そのため、BOXに入っている鉄やプラスチックなどを分別して富山市や魚津市にある最終処分場へ持って行くことを指します。
――なるほど。

町民の優しい声でやりがい

会社の雰囲気は社訓に表れている

会社の雰囲気は社訓に表れている

――吉崎さんが仕事で頑張っているのはどんなことですか?
自分が一生懸命にやって背中を見せることで、みんなについてきてもらえるよう先頭切って取り組むことです。8年間培ってきた知識をみんなに情報共有し、仕事がスムーズにいくようになればいいなと思っています。そうすることで、会社の利益を伸ばすことができればと考えています。
――どんな時にやりがいを感じますか?
住民の方から「お疲れ様」「ありがとう」と声をかけてもらえることが励みになっています。95%の方から感謝の言葉をいただけます。町民アンケートの満足度もごみ収集に関する項目がトップなのがとてもありがたく、それをこの先ずっと保っていきたいです。この仕事は、汚れや臭い、重い、きついなど、3K(汚い、きつい、危険)のような部分はありますが、町の人の優しい声のおかげで仕事ができ、やりがいにもなっています。住民の方には本当に感謝していますし、上市町から任されている以上、いい加減な仕事はできません。「とにかく町の人に迷惑をかけない」ということを大切にし、要望など、声をもらったらすぐに対応しています。
――毎日ごみの収集をしていると、ハプニングなどもあるかと思いますが…。
ありますよ。ごみ収集中に、雪道で動けなくなっている車を見つけて押して助けたり、ディーラーに電話したり…。近所の人もロープを持って来てくれ、町役場の人も来てみんなで助け合うこともよくあります。1番多いのは雪で溝が見えずに脱輪してしまった車で、1シーズンに1回は遭遇します。大部分の道路には融雪装置がついているものの、山手の方でよくありますね。
――全部の地区を回られるからこそ気付くことですね。
はい、上市で知らない道はないくらいです。ごみステーションは500数十カ所あるので。
――上市町にそんなにあるんですか。
そうです。小さいステーションが細かく点々とあるんです。

残業がなくワークライフバランスのとれた生活

パッカー車を運転する吉崎さん

パッカー車を運転する吉崎さん

――働きやすいのはどんな点ですか?
10分以内で通勤できるのと、基本的に残業がないので仕事とプライベートを切り替えやすい点です。家に帰るのは妻よりも早いので、4歳と2歳の子どもを保育園へ迎えに行くのが毎日の楽しみです。洗濯などの家事を済ませて子どもと遊んでいます。子どもは、テレビやおもちゃ屋さんでパッカー車(ごみ収集車)を見ると「お父さんの車だ!」と喜んでくれます。朝のごみ収集中、妻と通園する子どもと車ですれ違うことも多いので、仕事を分かってくれているのだと思います。
――お子さんに喜んでもらえる仕事って素敵ですね。
この会社に入ってから結婚し、子どもが生まれ、会社と一緒に家庭も育っていると実感しています。今も子ども中心の生活で、子どもが健康で楽しい人生を送れるようにと願っています。会社でも家庭でもすごく充実感があります。子どもの体調不良や行事などの際は互いにカバーし合い、有給も取りやすい会社なので助かっていますし、家族旅行にも行けます。残業もなく、ここまで有給を取りやすい会社は今までありませんでした。時間と心のゆとりができるのは大きいですね。ワークライフバランスはしっかりとれています。その分、集中して仕事ができ、帰る時間までにしっかり終わらせるよう頑張っています。

袖の部分に特注で入れた社名

袖の部分に特注で入れた社名

――会社の制服はかみいちTシャツなんですか?
はい。かみいちTシャツに、特注で「上市清掃公社」と入れています。個々で好きな生地や文字の色を選べるようにしています。
――みなさん、すごく仲のいいイメージがあります。
そうですね。仲が良くて楽しいですよ。この会社に来て「仕事に行くのが嫌だな」と思ったことはありません。
――今後、頑張りたいことを教えてもらえますか?
いい企業がいっぱいあるので、みんなで団結して助け合い、発展すればいいなと思っています。地元の企業さんとしっかりみんなで手をつなぎたいなと。「はたらくらすコネクションin上市」の記事を読んで、手をつなげるところはあると思いました。お互いに、地元の企業と取り引きするようにして向上できればいいですね。個人的には、まだ8年目なので仕事でもっといろんな経験を積みたいです。ごみの処理について詳しくなり、お客さんから何を聞かれても答えられるようになりたいです。ただ与えられた仕事をするだけでなく、目的や会社の利益を考えた上で行いたいです。そのためには知識が必要。初心を忘れず、おごらずできたらと思っています。「町を守る」と言ったらかっこ良すぎですが、ごみのことでお困りならわが社にお任せください。お電話いただければすぐに伺います。小回りが利くのがわが社の売りなので、気軽に何でも聞いてほしいです。
――わかりました。吉崎さん、今日はどうもありがとうございました。
こちらこそありがとうございました。

廃材でできたロケット

廃材でできたロケット

楽しく、笑顔でいきいきと働かれている社員のみなさん。お揃いの「かみいちTシャツ」が仲の良さを表しているようです。 会社の前には、なぜかロケットが飾ってありました。「これは何でしょう」と尋ねたところ、パイプなどの産業廃棄物から集めた材料で社長が作ったものだそう。上市清掃公社さんのすぐそばにある「あさひの郷公園」で冬場に行われたイルミネーションコンテストで、平成27年度の優秀賞を取ったそうです。廃材から、今にも空に飛びだしそうなロケットを作られるなんて、まさにアイディアですね!
上市清掃公社さんでは、鉄は三豊工業さんへ運ばれるとのこと。上市町の企業同士で繋がりがあり、「さらにこれから異業種で手を繋いでいきたい」という吉崎さんのお話しを聴き、上市町の企業の結びつきって素晴らしいと改めて思いました。

●DATA●

企業名 株式会社 上市清掃公社
住所 上市町旭町8
電話番号 076-473-1919
FAX番号 076-473-2212
E-mail info@kamisou.net
設立 昭和45年
代表取締役社長 土肥 孝之(平成24年4月就任)
事業内容

上市町委託業務

・一般廃棄物収集運搬(家庭のごみの収集・運搬)
・産業廃棄物収集運搬(事業系一般廃棄物の収集運搬)
・産業廃棄物処分(中間処理)

 

・上市町、立山町、舟橋村の一般家庭の粗大ごみ等を有料で収集・運搬

沿革

1970年4月 初代社長土肥宗泰が(有)上市公益社創立

1977年4月 株式会社に組織変更。「上市町清掃公社」に社名変更

1995年4月 資本金1,000万円に増資

2002年4月 土肥宗司が代表取締役社長に就任

2005年9月 資本金3,000万円に増資

2005年10月 富山県中新川郡上市町旭町8番地にて社屋新設。
       「上市清掃公社」に社名変更、業務開始

2005年12月 ISO14001 キックオフ宣言

2006年6月 ISO14001 認証取得

2006年9月 産業廃棄物処分業(中間処理)許可取得

2012年4月 土肥孝之が代表取締役社長に就任

主な実績 上市町のごみ収集を46年間、一手に担ってきた
ホームページ http://www.kamisou.net
Facebookページ なし
勤務時間 8:00~17:00
休日 週休二日制(不定)、2カ月に1度土曜勤務あり、年間108日、その他有給休暇など
従業員数 28名
過去3年間の売上高 横ばい
過去3年間の採用実績 平成26年2人、平成27年1人、平成28年1人
福利厚生・情報 保険(健康、雇用)、厚生年金、資格支援(フォークリフト)、社員旅行あり、社員割引あり、制服として上市Tシャツ(ほか作業着)支給

Comments

comments