上市町ではたらく

仕事を通して上市町の環境美化に貢献

株式会社 上市清掃公社 田畑諒祐さん

上市町で生まれ育ち、今年の春に上市清掃公社へ入社した田畑諒祐さん(23)。転職を考えていた際に、「はたらくらすコネクションin上市」の冊子を読んで上市清掃公社の方の笑顔に惹かれ、入社を決意したとのこと。コミュニケーションが密でアットホームな職場で、日々業務に励んでいる。田畑さんは、「お客さんに感謝される大切な仕事。ずっと暮らしてきた上市町のために綺麗な町を守れるのが仕事の魅力です」と話す。

田畑諒祐さん(23)

田畑諒祐さん(23)


 
 
 

はたらくらすコネクションを見て入社

作業中の田畑さん

作業中の田畑さん

――入社の経緯を教えてもらえますか?

 上市町で生まれ育ち、新潟県の専門学校でスポーツビジネスを専攻しました。卒業後は1年間スポーツ系の仕事を経験した後、今の仕事と出会いました。ちょうど「はたらくらすコネクションin上市」の冊子で上市清掃公社の記事を見て、吉崎さんの笑顔に惹かれて入社を決めたんです。

――「はたらくらすコネクションin上市」を読んで入社を決められたなんて、とても嬉しいです。実際に働いてみられていかがですか?

 大げさに言うと、この会社がなかったら町はごみであふれてしまいます。可燃物の収集は週に2回ですが、回収しても次の収集日にはまたたくさんのごみが出ています。上市町のために何かできる、町を綺麗にし、綺麗な町を守れるのが仕事の魅力です。

汗を流しながらも元気に働く田畑さん

汗を流しながらも元気に働く田畑さん

――まさにヒーローですね! 会社の雰囲気はどうですか?

 人と喋るのは苦手な方ですが、みなさん優しくて話しやすく、アットホームで楽しい会社だと実感しています。仲が良く、朝から元気に言葉が飛び交っています。全員面白い人ばかりで、距離が近いですね。堅苦しくなく、和やかな雰囲気です。去年入社した19歳の先輩から、お父さんぐらいかそれ以上の年齢の人もいますが、みなさんとても元気ですよ。お昼はみんなで持参した弁当を食堂で食べるので、そこでもコミュニケーションを図ることができます。

――コミュニケーションが密なんですね。では、田畑さんの元気の源は…?

 会社の雰囲気と、上市町のために働けるということです。

――素敵ですね!

ごみの分別で危険防止

上市町を回るパッカー車(ごみ収集車)

上市町を回るパッカー車(ごみ収集車)

――仕事の1日のタイムスケジュールはどんな感じですか?

 毎朝7時半前に出勤し、8時から仕事です。水曜以外は先輩と2人1組で担当地区の可燃物を収集し、清掃車が満杯になったら立山町にある富山地区広域圏クリーンセンターへ運びます。ごみの量が多い時は1日に2回、クリーンセンターへ行くこともあります。回り終えると大体昼の12時になるので、洗車してからお昼に入ります。早く回り、昼前に時間のある日は構内作業を。午後は一般家庭や企業の依頼を受けて、コンテナや木の枝、廃棄物、タンス、テレビ、自転車などを収集します。

不燃物を分別する構内作業の様子

不燃物を分別する構内作業の様子

――そうなんですね。構内作業というのはどんなことをされるんですか?

 別の日に収集済みの、コンビニエンスストアなどから回収した缶の分別や、アルミ・鉄の分別をします。分解できるものはして、別のところへ持って行きます。細かい作業が好きなので、これも楽しいです。車に乗っている時に先輩からいろんな話を聴くのも楽しいですよ。仕事の分からないことを教えてもらうことも多いですし、プライベートなことや自転車の話などもしています。

――仕事で大変なのはどんなことですか?

 重いものを運ぶことです。特に可燃物は、夏場は生ものから汁が出て重たくなります。トレーニングのつもりで、ダイエットにもなるかなと思って励んでいます(笑)。3カ月で腕が太くなって力がついてきました。体を鍛えたい人にはもってこいの仕事だと思います。年齢が一回り~二回り離れている先輩も、力も体力もあって尊敬します。

たくさんの不燃物が仕分けられる

たくさんの不燃物が仕分けられる

――確かに、みなさん、かなりがっしりされていますよね。ごみに対する意識なども変わられたのでは?

 変わりましたね。以前はコンビニなどで食べ物を買って、不要なものはすぐにごみに捨てていたのも、表示をよく見て書いてある通りにしっかり分けるようになりました。結局、回収後に僕たちが分けるので。以前はいろんなものを混ぜて出してしまっていたこともありましたが、しっかり分別するようになりました。

――いま、収集されたごみの中にはどんなものが混ざっていることが多いですか?

 缶の袋の中にビンが混ざっていたり、可燃物が入っていたり、タバコの吸い殻が入っていたり。不燃物の中にライターやスプレー缶が1つ入っていると火災の原因になることがあるので、袋を1つずつ破って手早く確認します。

――それは大変ですね。ライターにはいろんな形のものがあるので、私だと見落としてしまいそうです。

 そうなんです。おもちゃみたいに見えるライターもあり、僕も新人なので見逃してしまうこともありますが、先輩はきっちり見つけます。

――見つけた場合は、どうするんですか?

 ライターやスプレー缶には「リサイクルの日に出してください」というシールを貼って、別に分けて置いてきます。

――混ぜてしまう人の方は何気なくやってそうですが、たまに全国ニュースで県外の清掃車から火が出て火災になったという事故を目にするので、危険防止のためにもしっかり分別しなければならないですね。

 はい。もし良ければ、みなさんもしっかり分けてもらえれば助かります。

仕事に活かす体力を自転車で維持・向上

――仕事のやりがいはどんなところですか?

 自分でごみを集めている時もやりがいを感じますし、ごみ当番の方から分からないことを聞かれて答えると感謝されます。午後も、個人宅へ収集に行くとお客さんに感謝されるので、大切な仕事だと感じます。

――上市町で働くことは、田畑さんにとってどんな意味がありますか?

 ずっと暮らしてきた上市町に、仕事を通して貢献できる、やりがいのある職場だと思っています。専門学校時代以外の20年近く住んでいて初めて通った道や、「こんなところがあるのか」と思うことが多々あり、まだまだ知らないことが多いですね。同僚で上市町に住んでいる人も半数ぐらいと多く、同級生のお父さんが働いているなど、つながりがあって面白いです。

――上市町の好きなところは?

 自然いっぱいなところです。山や緑が多く、空気も綺麗。Uターンしたことで、上市町の良さを実感しました。僕の部屋の窓からもカーテンを開ければ立山連峰が見えますし、上市町は全部好きです。

――お休みにはどんなことをされるんですか?

 土日は基本的に休みですが、2カ月に1回、土曜出勤があります。休みの日は自転車に乗っています。上市町の種や大岩まで何度も往復したり、スーパー農道を通って宇奈月まで行ったり、休憩を入れて1日6時間自転車に乗っていることが多いです。大岩はいい感じの斜度なので、自転車でたくさん行きますよ。平日も自転車に乗って体力の維持向上に努めています。通勤は車で10分以内なので、この先自転車通勤もしたいです。

――いいですね。では最後に、今後の目標を教えてもらえますか。

 まだ入って間もなくてわからないことだらけなので、先輩方にいろいろ聞いています。これから自動車学校へ通って、中型免許を取りたいです。定時の17時で仕事が終わるので、その後からでも時間を取りやすいです。自己投資に使える時間が増えました。家族がいる人は家族のための時間を取れると思いますし、本を読めば知識も増えます。自分で運転できるようになったら、1人でも回って、会社に1日でも早く貢献できるように頑張りたいです。

――わかりました。田畑さん、今日はどうもありがとうございました。

 こちらこそありがとうございました。


重いものからコード類まで様々

重いものからコード類まで様々

上市清掃公社さんの写真撮影で、構内作業の様子を間近で見ることができました。みなさん暑い中、一生懸命に汗を流して働いておられ、田畑さん達の仕事は生活を支え、欠かすことのできないものだと実感しました。私も、家でできる分別はしっかりしたいです。

富山市辰尾にあるリサイクルプラザ

富山市辰尾にあるリサイクルプラザ

ごみに出されたものの中にはまだまだ使えそうなものもあり、捨てる前に欲しい人へリサイクルできないものかと思ってしまいました。上市町、富山市、滑川市、立山町、舟橋村で構成されている富山地区広域圏事務組合のリサイクルプラザでは、リサイクルの自転車や家具(棚、学習机など)を安価で販売しています。行ってみたところ、学習机などもびっくりするぐらいの価格でしたが、20数倍の応募があるほど大人気だそうです。こういった取り組みがより広がるといいなと思いました。

リサイクルプラザ内

リサイクルプラザ内

ところで、「はたらくらすコネクションin上市」は「はたらく企業コネクションinかみいち」から通算して今年度で4年目に当たります。今年、初めて「はたらくらすコネクションin上市」を読んで就職を決めたという方(田畑さん)にインタビューすることができ、とても感慨深いものがありました。もしかしたら、私が知らないだけで他にもいらっしゃるのかもしれませんね。そういった方がいらしたら、ぜひご紹介ください!

●DATA●

企業名  株式会社 上市清掃公社
住所  上市町旭町8
電話番号  076-473-1919
FAX番号  076-473-2212
E-mail  info@kamisou.net
ホームページ  http://www.kamisou.net

創業

 1970年(昭和45年)4月
代表取締役社長  土肥 孝之
事業内容  上市町の委託業務として、家庭ごみや事業系一般廃棄物の収集運搬、産業廃棄物処分(中間処理)。上市町・立山町・舟橋村の一般家庭の粗大ごみ等を有料で収集・運搬。
会社の強み  上市町の一般家庭や企業のごみ・リサイクルの収集業務を万全の体制で行う。
上市町との関わり・創業の決め手  昭和45年より町の委託として創業し、47年間一手に担ってきた。
学生へのメッセージ・アピール  アットホームな雰囲気で年齢が離れていても仲の良い職場。若い力の創造と行動力を期待したい。
Facebookページ  なし
勤務時間  8:00~17:00
休日  週休二日制(不定)、2カ月に1度土曜勤務あり、年間108日、その他有給休暇など
従業員数  28人(男性24人、女性4人)
過去3年間の売上高  横ばい
過去3年間の採用実績  2015年度 新卒0人、中途1人/2016年度 新卒1人、中途0人/2017年度 新卒0人、中途1人
福利厚生・情報  保険(健康、雇用)、厚生年金、資格支援(フォークリフト)、社員旅行あり、社員割引あり、制服として上市Tシャツ(ほか作業着)支給

Comments

comments